2019年 毎年恒例ディズニー旅行記! ① キャンセル拾い編

こんにちは。

あと少しでクリスマス本番ですが、東京ディズニーリゾートのクリスマスイベントが終わってしまうので寂しくなります・・・。

今回は12月の頭にお泊りディズニー旅行に行ってきたので、その時の旅行記を書いていこうと思います。
ちなみに今回の旅行記は相方との旅行記ではなく、別の人達との旅行記になります!!

自分が大学に通っている頃から、姉御と姉御の友達と自分の計3人で年に1~2回ほどお泊りディズニーに行っていまして、今回はそのメンバーでの旅行記になります。

ちなみに今回のお泊りディズニーの目的はクリスマス限定のショーの鑑賞です!!

そのため今回のディズニーホテルはキャンセル拾いから頑張りました。

当初は初日からホテルアーリーが利用出来る「ディズニーアンバサダーホテル」に宿泊予定だったのですが、今年がフィナーレとなる「カラー・オブ・クリスマス」を待たずに見たいということもあり、東京ディズニーシーホテルミラコスタのキャンセル拾いを宿泊1ヵ月前辺りから始めました。

希望は「ポルトパラディーゾサイド・ハーバービュー」です。

ミラコスタの中でもかなり人気の部屋で、キャンセルが出たとしてもすぐに満室になってしまうようなので、かなり頻繁にオンライン予約購入サイトにアクセスしていました。

時間があるときにこまめにサイトを確認するも、ミラコスタでキャンセルが出ていても「トスカーナサイド」や、「ヴェネチアサイド」など、ショーが見えない部屋は空きが出るものの、今回の目当てである「ハーバービュー」は全く出てきません。

結局キャンセル料がかからない2週間前にはキャンセルがでず、ショー待ちすることも致し方ないかなと考えていました。

 

とそんなことを考えていた宿泊12日前にハーバービューではないものの「ポルトパラディーゾサイド・スーペリアルーム・ピアッツァビュー」のお部屋にキャンセルがでていたので、すぐに変更しました。

このピアッツァビューはハーバーの全景は見えず、ハーバーの一部とポルトパラディーゾの港町の一部がお部屋から見えるお部屋になっていて、少しでもショーが見れればいいいかなという気持ちでした。

ただ、本命はハーバービューなのでまだまだキャンセル拾いは続きます。

キャンセル料が発生するようになってからは、ほとんどのホテルでなかなかキャンセルが出なくなり、キャンセルが出たとしても、希望の部屋でなく、厳しいキャンセル拾いの戦いが続きます・・・。

 

そしてついにこの時が!!!!!

宿泊7日前にとうとう「ポルトパラディーゾサイド・スーペリアルーム・ハーバービュー」のキャンセルが出ていたのです!!

最初見た時びっくりし過ぎて変更の手続きにてこずってしまいましたが、無事に予約が完了し、お部屋から「カラー・オブ・クリスマス」や「ファンタズミック!」が見れるようになりました。

実は「ファンタズミック!」も来年の3月25日でフィナーレになってしまうので、部屋から見れる最後のチャンスになると思います。

今回はキャンセル拾い編として書いていったので、次回からはちゃんとした旅行記として書いていきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です